\リスクゼロで1,500円分のビットコインをもらう方法/

【初心者向け】誰でもできるOpenSeaの始め方※メタマスクが先に必要

【初心者向け】誰でもできるOpenSeaの始め方※メタマスクが先に必要

超素人でもできるOpenSeaの始め方について紹介していきます。

今回お伝えする内容は以下の3つです。

  • OpenSeaとMetaMaskの連携(連携しないと利用できない)
  • OpenSeaのプロフィール設定(誰なのか明記するため)
  • OpenSeaのフォルダ設定(作品をコレクションするために必要)

事前準備としてメタマスクのアカウントが必要になります。先に作っておきましょう。

作り方はこちらを参照

こちらの動画を参考に当記事は作成しております

NFT発行方法も解説されています。

とても丁寧に解説されていたのですが、超素人の私にはまだわかりにくい箇所があったので、完全ド素人向けにこの記事は作成しています。先に動画を観ていただけるとより記事の内容もスムーズに理解できると思います。ぜひ。

目次

OpenSea(オープンシー)の始め方

始める前に。OpenSeaを今後利用する方は、インターネットブラウザをGoogleChromeにすることをおすすめします。

デフォルトで翻訳機能があるため便利です。やや日本語訳がおかしい部分はありますが、視覚的に理解しやすくなるので個人的にはおすすめしたいと考えています。

10kun

日本語はやはり安心する

では、はじめていきましょう。

「MetaMask連携」と「プロフィール設定」

STEP
OpenSeaにアクセスする
作成をクリック
STEP
メタマスクと連携する
メタマスクをGoogleChromeに導入

事前にアプリで作成した方もパソコン版を利用できるようにしなければならないようです。

アプリ版の作成方法はこちら

インストールします。認証画面に移動するのでひたすら進めばOK
認証が終わるとこの画面に。「開始」をクリック
アプリで事前作成したウォレットをインポートします。
「同意します」をクリック
赤枠箇所を入力していき「インポート」をクリック

シークレットリカバリーフレーズはそれぞれ異なりますが、各キーワードをスペ―スで区切って入力していけばOKです。

連携完了。「すべて完了」をクリック
STEP
ようやくメタマスクにログイン
「Sign in」をクリック
STEP
NFTを発行する画面に移動するのでプロフィールページへ移動
この画面はNFTを発行するページのため今回は利用しません
STEP
プロフィールページを入力する
赤枠箇所から「プロフィール」をクリック

ここでは、アイコンとヘッダーを変更できます。お好みにしてやりましょう。

STEP
Settingsを入力
個人設定を入力
  • Username(ユーザーネーム)
  • Bio(概要や一言など)
  • Email Address(Eメールアドレス)
  • Links(外部リンク)
    Twitter・インスタグラム・ホームページ

指定のメールアドレス宛に本人確認のメールが来るので、承認して完了です。

STEP
完了
以上で完了です。

これでOpenSeaとメタマスクの連携が終了です。とりあえず使える状態にはなりました。お疲れ様でした。

OpenSeaのフォルダ設定

フォルダとは、コレクションを置く場所と理解しておくと良いでしょう。

それでは作成手順です。

STEP
自分のアイコンから「My Collections」を選択
赤枠箇所をクリック
STEP
プロフィールの画像を入力する
適切なサイズで画像を選んでいきましょう
  • Logo image(ロゴイメージ)顔となるアイコンです
  • Featured imege(注目の画像)MY OpenSeaのホームページアイコンになります
  • Banner image(バナー画像)Twitterでいうヘッダーにあたります
STEP
プロフィールの詳細設定
  • Name(名前)好きな名前を入力
  • URL(ユーアールエル)OpenSeaのURLになる
  • Description(ディスクリプション)概要
  • Category(カテゴリー)入力すると興味のあるジャンルが表示されやすくなる
  • Links(外部リンク)設定したい項目へ入力
STEP
Paymentに関する情報を入力
  • Royalties(ロイヤリティー)最大10%まで設定可能
    自分のNFTが売れた際に配分をいくらもらうかの設定
  • Payout address(ペイアウトアドレス)ウォレットアドレスを入力
    メタマスクでOK
  • Blockchain(ブロックチェーン)好きなブロックチェーンを選択可能
    NFTをどのブロックチェーン上で発行するか設定※イーサリアムでOK
  • Payment tokens(ペイメントトークン)通貨対応を確認
    必要であれば好きなトークンを追加可能
  • Display theme(ディスプレイタイプ)NFTをどのように展開するか
    デフォルトでOK
  • Explicit & sensitive content(センシティブ設定)危険なアカウントに見られないように設定可能
    設定はしなくてもOK

最後に「Create」をクリック

STEP
フォルダが完成
完成したフォルダが表示される

これでNFTを補完するフォルダが完成です。

編集したい場合は赤矢印箇所からEdit可能

以上で完了です。

おわりに。OpenSeaの開設すら大変ですよね。

お疲れ様でした。結構大変だったと思います。初めてトライしたときは、頭を悩ましながらやりましたね。

いつか「やりやすかった」と言ってくれる人がいたら、その時は泣いて喜ぶ自信があります。

今回はここまで。ありがとうございました。

【おすすめ】コスパ最強のNFT学習法

"ながら"でNFTの知識を補いませんか?

読書が苦手な人でも大丈夫です。耳で学習できます。

10kun

今なら"2か月無料"で利用できます。

お試しにしても破格の内容です。いつでも解約OKのデメリットなし。

【本は読んでも稼げるようにはなりません】Amazon Audible(アマゾンオーディブル)の本当のメリット教えちゃう
2か月無料期間つき いつでも解約OK!解約金なし/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次