≫ タダでお金を増やす方法はこちら

【1回で分かる】OpenSeaでNFTを購入・二次流通させる方法

【1回で分かる】OpenSeaでNFTを購入・二次流通させる方法
悩むネコ

NFTを買ってみたい…OpenSeaの使い方がわからない…
買った後のNFTはどうやって売るの?

このような悩みにお応えします。

この記事の内容
  • OpenSeaでNFTを購入する方法
  • OpenSeaで二次流通させる方法
  • NFTを購入・販売する際の注意点

NFTに興味を持ったけど、どうしたらいいのか、何から始めればいいのかよくわかりませんよね。

しかし、NFTを買ったり売ったりすること自体はそんなにむずかしいことではありません。誰でもできちゃいます。

初心者の方がよく失敗することや注意点なども一緒に解説していくので、ご安心ください。

この記事で基本的なNFTの売買ができるようになります。初めての方でも理解できる内容となっていますので、最後までお付き合いいただけると幸いです。

\ 初めての仮想通貨はコインチェックから /

とーくん

さくっとNFTデビューしちゃいましょう!

※メタマスクやETHを用意していない方は、先にこちらの記事からご覧ください。

タップできる目次

OpenSeaでNFTを購入する方法

OpenSeaでNFTを購入する方法

OpenSeaでNFTを購入する方法は以下の通りです。

  1. OpenSeaにアクセスする
  2. NFT購入ページにアクセスする
  3. 購入処理をする

今回は、≫ WAFUKU GEN(わふくジェネラティブコレクション)の可愛いNFTを例に進めていきます。

①OpenSeaにアクセスする

まず、≫ OpenSeaの公式URLにアクセスします。

この時の注意点は″Google検索からアクセスしない″ということ。

詐欺サイトが「広告」として検索トップに表示されている場合があります。よく見るとURLや名前が微妙に違うのですが、初心者の方はまず見抜けないと思いますので、検索してOpenSeaのサイトを探すこと自体を避けた方がいいと考えます。

対策としては、正しいURLをブックマークしておくか、OpenSeaのTwitterアカウントに記載されているリンクからアクセスするのが無難です。

※NFTを楽しむ上では、一度正しいURLにアクセスした時点で、ブックマークしておくのが基本となります。

②NFT購入ページにアクセスする

今回は、≫ WAFUKU GEN(わふくジェネラティブコレクション)のNFTを例に進めていきます。

OpenSeaの検索窓から「WAFUKU」と打ち込むと以下のような画面になります。

今回、購入するWAFUKU GENは上から2番目が正解です。ここで正解という表現を使用したのには理由があって、ニセモノコレクションも存在するからなんです。

上の画像を見てもらうと分かりますが、似たようなコレクションが下にもずっと羅列していますよね。こんな感じで一見わかりづらくなっていることが、初心者の方にとってかなり不親切でありリスキーな状況です。

対策としては、元も子もないですが、OpenSeaの検索からコレクションにアクセスしないということです。

この説明がしたいがために、あえてOpenSeaからアクセスして解説してきました。実は、そもそもNFTを検索して購入するということ自体、あまりありません。というのも「このNFTが欲しい!」となってから対象のコレクションページへ直でアクセスすることが基本なります。

今回は、ニセモノや詐欺にあってほしくないという意味を込めて解説していますが、本来は公式サイトや公式Twitter、公式Discordにある正しいリンクからアクセスするようにしましょう。

WAFUKU GENの正しいリンクはこちら≫ https://opensea.io/collection/wafukugen

解説のためにかなり遠回りしましたが、あとはコレクションページにある好きなNFTを選択するだけです。

今回は赤枠のこの子を選択。

選択したNFTの詳細ページが表示されます。

次は、購入処理です。

③購入処理をする

NFTの詳細ページには赤枠で囲ってある「Add to cart」があります。こちらを選択します。

すると、メタマスク起動画面となり、パスワードを入れOpenSeaと接続をします。

最後に「Complete purchase」をクリックし、表示されたNFT代とガス代を合算した金額をお支払いすれば購入が完了です。

購入してから少し時間差で、自分のアカウントページに反映されます。購入後は必ず確認するクセをつけましょう。

今回例にした「WAFUKU GEN」が気になる方は詳細記事を置いておきますので参考にどうぞ。

※まだ、ETHを持っていないという方は下記を参考にどうぞ。

ETH(イーサ)の買い方はこちら ※タップで詳細が表示されます

ETH(イーサ)の買い方

下記5つの手順でETHを用意することができます。

とーくん

順番にやれば誰でも買えます!ご安心を。

ETHの買い方手順
  1. メタマスクの作成(仮想通貨の財布)
  2. コインチェックの口座開設をする(ETHを買う場所)
  3. コインチェックに日本円を入金する
  4. 日本円でETH(イーサ)を買う
  5. ETHをメタマスクに送金する

1つずつ確実に進めていきましょう。

①メタマスクの作成(仮想通貨の財布)

まずは、ETHを入れるお財布作りです。

仮想通貨を入れる財布は種類がたくさんあります。今回はメタマスクという超ポピュラーなウォレットを作成します。

とーくん

ぶっちゃけこのメタマスクさえあれば事足ります。

3分もあれば誰でもすぐに作れますが、初めては不安だと思うので具体的な手順をまとめたものを置いておきます。参考にどうぞ。

②コインチェックの口座開設をする(ETHを買う場所)

ここではETHを買うためにコインチェックの口座開設をします。

コインチェックは国内取引所では超有名で、誰もが一度は通る王道です。

とーくん

あっさりETHが買えるので驚くと思いますよ。

\ 仮想通貨の第一歩に/

口座開設の方法に不安がある方は、手順をまとめた記事を置いておくので参考にどうぞ。

③コインチェックに日本円を入金する

コインチェックに日本円を入金する方法は、次の3種類です。

  • 銀行振込:手数料0円
  • クイック入金:手数料770円〜
  • コンビニ入金:手数料770円〜

※タイミングによってはクイック入金、コンビニ入金が選択できない場合があります

できるだけ手数料関係は安くおさえたいので、手数料0円の「銀行振込」がおすすめです。

銀行振込の手順もカンタンです。

「日本円の入金」を選択します。

GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行どちらでも大丈夫なので好きな方を選びます。

あとは表示された口座情報を元に振込をすればOKです。

どのくらい入金するかは個人の自由ですが、よくわからない方はとりあえず3,000円くらい入金しておくのがおすすめです。

500円とか入金しても使用用途があまりありませんし、3,000円くらいならあまり痛くない金額だと思いますので。

とーくん

最初は少額がおすすめです。

④日本円でETH(イーサ)を買う

いよいよ、ETHを買います。

とーくん

めちゃくちゃ簡単です。

販売所(購入)をクリックします。

たくさんある通貨の中から「ETH」を選択し、数量欄に購入する分を入力します。

もし、先ほど3,000円ほど入金した場合、下記のように購入できる範囲で選択していきましょう。

決定したら、あとは購入するボタンをクリックするだけです。

とーくん

これで購入できました。簡単すぎますね。

⑤ETHをメタマスクに送金する

最後に、購入したETHをメタマスクに送金します。

コインチェックなどの取引所にある状態では仮想通貨を使って売買することができません。

とーくん

使える状態にするにはメタマスク(財布)に移動しましょう。

手順は簡単です。

「暗号資産の送金」をクリックします。

初めて送金する場合、宛先を登録する必要があります。今回はメタマスクのことですね。

赤枠で囲まれた右上「宛先を追加/編集」をクリックします。

以下の画面から「新規追加」をクリック。

赤枠部分に送金するメタマスクのウォレットアドレスをコピーして貼り付けます。

※必ず手入力せず、コピペして追加しましょう。このアドレスを間違えると送金する資産が消えてしまいます。

メタマスクのウォレットアドレスの確認方法は、ブラウザに追加した拡張機能からキツネマークをクリックして、以下の画面を表示します。

赤矢印箇所をクリックするとメタマスクのウォレットアドレスをコピーできます。

コピーしたアドレスを先ほどの宛先に貼り付けします。

とーくん

手入力ではなく、必ずコピーする癖をつけましょうね♪

宛先登録が済んだら、送金する金額(ETH数量)を決めます。

送金手数料が0.005ETHかかるので、含めた数量で送金する金額を決定していきます。

ここでちょっとしたコツなんですが、送金する回数は少ない方がいいです。その分手数料の節約になります。

つまり、購入するならある程度まとまった仮想通貨を購入して、一気に送ってしまった方がコストを抑えられます。

とーくん

慣れてきたら、まとまった金額の購入をおすすめしますよ♪

最後に、メタマスクでETHの入金を確認して完了です。

OpenSeaでNFTを二次流通させる方法

OpenSeaでNFTを二次流通させる方法

ここではOpenSeaで購入したNFTを二次流通させる方法の解説です。

まず、自分のアカウントにログインしましょう。次にメタマスクを接続させてパスワードを入力します。

とーくん

↑のような画面になればOK

所持しているNFTから「売りに出したいもの」を選択します。

今回はこのかわいい右の子を出品してみたいと思います。

選択するとNFTの詳細画面に移動するので、右上にある「Sell」をクリックします。

出品する場合、「固定額」か「オークション形式」かを選ぶ必要があります。

今回は「固定額」で出品します。

  1. 左側の「Fixed Price」を選択
  2. 次に価格設定。「Amount」部分にお好みの価格を設定
  3. 「Duration」は販売期間を意味。いつまで出品するのか設定
  4. 「Fees」は手数料。OpenSea側に2.5%、クリエイターに〇%が支払われる

※クリエイター手数料は今回の場合、クリエイターさんから購入したNFTなので既に設定されています。自分でNFTを作成する場合はMAX10%まで設定可能。

全て入力した画面が以下です。

OKなら「Complete listing」をクリック。すると、以下のような画面に移動し、色々と確認が入ります。

まずは、OpenSeaに対して自分のメタマスクがアクセスしていいのか確認が入ります。

ここでいくらかの手数料が発生します。※今回は0.89$なので日本円で100円くらいの手数料です

承認して確認をクリック。

今回は正しいURLからアクセスしたOpenSeaなので問題ありませんが、万が一、Google検索の詐欺サイトやSNSからの偽サイトの場合は、この「確認」を安易にしないよう注意することが必要です。資金が抜かれます。

メタマスクの怪しい挙動・詐欺についてめちゃくちゃ参考になった記事を置いておきます。

note(ノート)
【NFT】Mintサイト型スキャムの見分け方 & 実際に引っ掛かった場合の動画を公開|Shiberu / しべる|note はじめに NFTをやっていると、毎日の様に詐欺にやられた、スキャムサイトにつないっじゃったと言う被害報告を見かけます。そこで、実際に知人が騙されてしまったスキャム...
とーくん

初心者の方、まだ一度も詐欺に遭ったことがない方は絶対に読んでほしい記事です!

話は詐欺にそれましたが、無事に確認が終わるとリスティング(出品)が完了します。

このような感じ。Ownedが「you」になっていればOKです。

とーくん

これで購入したNFTを二次流通させることができました。

まとめ:OpenSeaでNFTを購入・二次流通させる方法

今回解説したOpenSeaでのNFT購入や二次流通させる方法は、あくまで基本的な動作の一つです。

NFTは買ったり売ったりの売買も醍醐味の一つなので、基本ではありますが、すぐにマスターしちゃいましょう。

記事の至る所で、詐欺やニセモノについて触れてきましたが、初心者の方も例外なく覚えていただきたい内容です。あえてしつこいくらいご紹介させていただきました。

とーくん

常に「詐欺とは隣り合わせ」と思っておくのが、むしろ健全です。

自分でNFTを作成することも実はとても簡単なので、こちらの記事も良かったら参考にどうぞ。

【おすすめ】コスパ最強のNFT学習法

【おすすめ】コスパ最強のNFT学習法

"ながら"でNFTの知識を補いませんか?

読書が苦手な人でも大丈夫です。耳で学習できます。

最初にチェックすべき2冊はこちら。あわせて約4,000円分の名著、お得感が凄まじい。

通勤や電車、作業BGMとしておすすめ。お試しにしても破格の内容です。いつでも解約OKのデメリットなし。

\今なら"2か月無料"で利用できます/
以下をクリック↓↓↓

【本は読んでも稼げるようにはなりません】Amazon Audible(アマゾンオーディブル)の本当のメリット教えちゃう
\2022/12/26まで いつでも解約OK!解約金なし/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次