\リスクゼロで1,500円分のビットコインをもらう方法/

【Polygonを日本円に変換する方法】Binanceが簡単で初心者向け

【Polygonを日本円に変換する方法】Binanceが簡単で初心者向け

「NFTを販売した利益を日本円に変換したい…」
「仮想通貨を日本円にする時、気を付けなきゃいけないことがあるって聞いて不安…」
「調べても変換方法が多くてよくわからない…」

こんな悩みにお応えしていきます。

今回紹介するのは、Polygonチェーンでの販売した仮想通貨(ETH)を日本円に変換する方法です。あくまで素人目線の解説記事となります。手数料が安くてもっと効率的なルートがあるかもしれません。詳しい方はコメントにてご教授いただけると幸いです。

NFTアートを販売したりすると、メタマスクウォレットに仮想通貨(ETH)が溜まっていきますよね。

私も僅かながら購入していただけたので、今回は売上分を日本円に変換する手順を解説していきたいと思います。

実際にやりながら検証したので「わからないからできない」という初心者の方でも、手順通りにやればできるようガイドしていきます。※ここまで細かく解説している記事も早々ないんじゃないかな

私のNFTコレクション⇩

結論からいうと、

  • Binanceがおすすめ
  • ルートが簡単
  • 初心者でもできる
  • この記事で全て手順を網羅しています(お任せあれ)

今回はPolygonチェーンのETHを日本円に変換する方法について「Binance」を利用していきます。

10kun

やる前は拒否反応の塊でしたが、実際にやってみると案外簡単でビックリです。

目次

【まず確認】取引所の出金口座を登録・設定する

仮想通貨を日本円にする気満々でも、変換できる取引所がないと始まりません。

既に取引所をお持ちの方は、日本円の変換方法へジャンプ!!!

まずは大まかに流れを紹介します。

仮想通貨を日本円に変える流れはこんな感じ⇩

PolygonチェーンのETH→外国取引所へ移動→国内取引所へ移動→国内取引所から銀行振込

ここで理解しておくべきなのは、

  • 外国取引所=Binance
  • 国内取引所=各自利用している取引所(コインチェックetc)

ということです。

もし、口座開設をまだしていないという方は、コインチェックbitbankがおすすめです。初心者でも簡単に登録できて、それぞれのアプリが使いやすいのも良い所。審査も早く、NFTクリエイターは遅かれ早かれ登録することになります。

≫ Coincheck(コインチェック)の口座開設方法はこちら

≫ bitbank(ビットバンク)の口座開設方法はこちら

正直、どちらも登録がマストです。理由は以下の通り。

  • コインチェックは扱う仮想通貨の種類が多い
  • Coincheck(コインチェック)専用のNFTプラットフォームがある
  • 暗号資産はリスク分散のため、複数の口座で管理するのがベスト

どちらか一方を選べと言われたら、私はコインチェックを選ぶと思います。OpenSeaが最大手であるのと同時にコインチェックも最大手だからです。大手として選出されるのにはそれなりに理由があります。

口座開設後は出金口座を設定する※コインチェックの場合

口座開設がまだの方はこちらから≫

コインチェックの口座開設方法を解説しています⇩

まず、出金口座を指定しましょう。

Coincheckへアクセスします。

左のメニューバーから「日本円の出金」をクリック。「新しい口座を登録する」をクリック。

登録する銀行口座の情報を入力していきます。

口座名義人には注意が必要です!必ず「カナ表記」で入力してください!(カタカナで入力)

アルファベット表記で入力した場合、口座が削除され「出金キャンセル」になってしまいます
10kun

登録自体はあっさり終わるはずです。これで下準備はOK

Polygon(ETH)を日本円に変換する手順「5ステップ」

おおまかな手順は以下の通り。

  1. PolygonのETHを「JetSwap」でMATICに交換する(メタマスク上)
  2. メタマスク上のMATICをBinanceへ送金
  3. Binanceのコンバートで国内取引所で扱いのある通貨へ変換
  4. 変換した通貨を国内取引所に送金する
  5. 国内取引所から銀行口座へ出金する

事前にBinanceのアカウント登録が必要です。

登録がまだの方はこちらからどうぞ⇩

それでは、具体的に解説していきます。まずは少額からお試しくださいね※失敗すると資産が消える可能性あり

STEP
PolygonのETHを「JetSwap」でMATICに交換する(メタマスク上)
JetSwapへアクセス※MetaMaskと JetSwap を連携する
Swapしたい金額を指定して「Swap」をクリック

メタマスクにMATICがない方は、あらかじめMATICを入れておく必要があります※ガス代が払えず変換不可になるため
≫ MATICの購入方法はこちら

Polygon(ETH)をMATICにしたいので、

Flom:ETH
To:MATIC

に指定します。

はじめは少額からテストするように心がけましょう。間違うと基本やり直しは効きません。

「Confirm Swap」をクリック
ガス代が表示されます。「確認」をクリック
「提出しました」というログが表示されます
メタマスク上でMATICが増えていれば成功です
STEP
メタマスク上のMATICをBinanceへ送金
Binanceにアクセス
「ウォレット概要」をクリック
「入金」をクリック
「仮想通貨を入金」をクリック
通貨を「MATIC」、ネットワークを「MATIC」に指定
アドレスをコピー
メタマスクの「送金」をクリック
Binanceでコピーしたアドレスを貼り付け、金額を指定※ますは少額から
ガス代が表示されます。「確認」をクリック
メタマスク上でMATICが減ればとりあえずOK。Binance側を確認しましょう
Binance上でもステータスが「completed」になればOK
STEP
Binanceのコンバートで国内取引所で扱いのある通貨へ変換

今回は、コインチェックを利用するため、扱いのある「XRP(リップル)」にMATICを変換していきます。

有名なビットコインにしない理由は送金手数料が高いためです。

コインチェックの場合、

ビットコイン:0.0005BTC(約3,000円)
リップル:0.15XRP(約20円)
≫ コインチェック手数料表

という具合に、ビットコインはやたら高くなってしまいます。これはシンプルに損です。

手数料はバカにならないのでできるだけ取り扱いのある手数料の安い通貨に変換して実施しましょう。

「コンバート」をクリック
振替元を「MATIC」、振替先を「XRP」に指定し「コンバージョンプレビュー」をクリック
成功の表示でXRPに変換が完了です
STEP
変換した通貨を国内取引所に送金する
※今回はコインチェックを利用
コインチェックの「コイン受取」をクリック
「Ripple」を選択、アドレスをコピーします
Binanceの「ウォレット概要」から「出金」を選択
コンバートした「XRP」を選択
赤枠箇所を入力し「出金」をクリック
  • アドレス(コインチェックのリップルアドレス)
  • ネットワーク(リップル)
  • MEMO(宛先タグ)※通貨によって異なる
  • 金額(リップルの最少額は20.25)
確認し「次へ」
「メール認証」「認証コード」を入力し「提出」をクリック
正常に動作すると上記の画面が表示
審査待ちになる
取引履歴でcompletedになれば完了です

念のため、コインチェックでも着金が確認します。無事に資産が増えていればOK。

あとは銀行口座へ出金するだけです。あと少し!

STEP
国内取引所から銀行口座へ出金する

日本円として出金する場合は、「コイン売却」をする必要があります。

保有コインを売却してから「日本円の出金」をクリックします。

たまたまマイナスですが、今回は構わず売却していきます
売却したことでJPYの総資産が反映されています
出金可能な日本円に変換したので「日本円の出金」をクリック

登録した銀行口座が表示されるので、振り込みたい口座を指定。

振込手数料を引いた出金額が表示されます

今回の場合、2,165円が指定した銀行口座へ振り込みされます。

「出金申請をする」をクリックした後は、振込されるのを待ちましょう。

私の場合ですが、申請した時間(昼の12時ころ)から丸一日くらいで着金が完了しました(翌日の12時ころ)

以上で、NFTアートで売れたPolygon(ETH)を日本円にする手順の終了となります。かなり手間がかかりますが、この方法なら初心者さんでも、充分できるレベルかと思います。ぜひ取り組んでみてくださいね♪

一度は自分でやってみることが大切「暗号資産の仕組みが少し理解できる」

ググってなんとなく理解するのと、実際にやってみるのでは大きな違いがあります。それは経験であったり失敗であったり。

何日もわからないことと格闘して、なんとか日本円として出金するまでに至りました。

この記事通りに実施すれば誰でも問題なく出金できるはずです。ただし、手数料や効率などに関しては課題だらけです。なるべく難しいルートは避け、手数料の問題もカバーしながらやれたとは思いますが、それでも問題はきっとあるはずなんです。

もし、この記事を読んで下さった方の中で、もっと良い方法をご存じの方は、ぜひコメントやTwitterから教えていただけると幸いです。本当に助かります(泣)

長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

【おすすめ】コスパ最強のNFT学習法

"ながら"でNFTの知識を補いませんか?

読書が苦手な人でも大丈夫です。耳で学習できます。

10kun

今なら"2か月無料"で利用できます。

お試しにしても破格の内容です。いつでも解約OKのデメリットなし。

【本は読んでも稼げるようにはなりません】Amazon Audible(アマゾンオーディブル)の本当のメリット教えちゃう
2か月無料期間つき いつでも解約OK!解約金なし/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • コインチェックの販売所はスプレッドがありますので、板取引の方がいいかと思います。
    私も最初の頃に何も知らずコインチェックで取引していましたが、スプレッドのせいで100万円以上損しています。

    • コメントありがとうございます!

      板取引ですね…経験者の方にとってはお粗末な記事だったかと思います。
      調べ直して、正しい知識と経験を積みたいと思います。

      貴重なご意見ありがとうございました!

コメントする

CAPTCHA


目次