2,500円分のビットコインをもらう方法クリック

【初心者狩りに注意】NFTに忍び寄る詐欺師に注意!!「対策あります」

【初心者狩りに注意】NFTに忍び寄る詐欺師に注意!!「対策あります」

「NFTって怖くない?」
「詐欺が多いって聞いた…」
「詐欺の対策があれば知っておきたい」

この記事では、このような悩みを解消していきます。

正直、発展途上のNFT業界。なかなか正しい知識を持って取り組んでいる人は多くありません。

初心者の参入も多い中、おいしい話を聞きつけた詐欺師も多いのが現状です。今回は、初心者が押さえておきたい、知っておくべきNFTの怖い話や注意点をご紹介していきます。

10kun

大きく3つに話に分けて解説します。

  1. MetaMask(メタマスク)で注意すべきこと
  2. SNSで人気の「Giveaway」で注意すべきこと
  3. プロモ―ターに関して注意すべきこと

それぞれ解説していきます。

目次

MetaMask(メタマスク)で注意すべき➂つのこと

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨を管理する財布のようなものです。

みなさんも自分の財布は大事に大事に管理されていると存じます。つまり、仮想通貨も同じく大事に管理しなければなりません。

「普通に使っていたら何かマズいの?」

このような疑問を持たれる方もいるかと思います。私もその一人でした。しかし、メタマスクウォレットはネット上にある財布なので、リアルの財布とは違うということを根本的に考え直す必要があります。

自分が想像していないことから、自分の財布が危険に晒されてしまうかもしれないのです。

ここでは、そんなリスクを未然に防ぐべく、解決策をご紹介していきます。

MetaMask(メタマスク)のアカウント作成はこちら

➀シードフレーズは絶対に教えない

シードフレーズは金庫の鍵と同義です。絶対に教えてはいけません。いかなる理由があっても、誰に対しても。親でもね

NFT界に身を置くようになると、さまざまな場面でシードフレーズ(秘密鍵)を聞かれることがあるかもしれません。

それが自分にとって、どんなにおいしい話であってもシードフレーズだけは教えてはなりません。冷静になって、自分の財布の鍵であることを思い出してください。

②MetaMask(メタマスク)の拡張設定を変更「セキュリティ向上」

GoogleChrome初期設定だと、メタマスクはネット上の「すべてのページ」にアクセス可能な状態になっています。

やや利便性が落ちますが、セキュリティ向上のため「クリックされた場合のみ」の設定に変更しておきましょう。これでメタマスクが自動的にサイトと連携することなく、セキュリティ面を強化することができます。

変更後は、こまめに変更するクセをつけ、面倒でもセキュリティ面を考えて運営していきましょう。

GoogleChromeの拡張機能でメタマスクの設定変更

STEP
GoogleChromeの拡張設定をクリック
赤矢印箇所をクリック

「MetaMask」の拡張設定をクリック。

STEP
「拡張機能を管理」をクリック
赤矢印箇所をクリック
STEP
「クリックされた場合にのみ」に変更
赤枠箇所からプルダウン。選択すると自動保存される。

以上で完了。こまめに設定を変更して環境に慣れていきましょう。

➂無料で使えるWi-Fiは絶対に使用しない

メタマスクのGoogleChromeの拡張機能と同様に、セキュリティ面を考慮した場合、カフェや利用する施設の無料Wi-Fiは使用しないようにしましょう。

無料Wi-Fiは、そもそもセキュリティ面に関して脆弱(信頼できない)なので、利用しない方が健全です。今回はネット上の財布(メタマスク)の情報が流出する危険性を考え、利用を制限するべきだと考えます。

今はどこで情報が抜かれるかわからない時代です。「やりすぎ」と思われるくらいセキュリティ面の施策は積極的に取り組んでいきましょう。

ハッシュタグ「NFTGiveaway」で注意すべき➂つのこと

Twitterでは毎日のようにNFTがGiveawayされています。

Giveawayとは、無料でNFTをプレゼントすること

このGiveawayを巡っても、リスクが潜んでいるのでご紹介していきます。

NFTGiveawayに関する記事

➀DM(ダイレクトメール)はこちらから送ること

NFTをプレゼントする場合、必ず自分からDMをするようにしましょう。

「当選者の方はDMを送ってください」のような案内ツイートは危険なので絶対にダメ。当選者になりすましたアカウントがあなたにDMを送ってくる可能性があります。IDや名前、過去ツイートまでコピーして近寄ってきます。

SCAM(スキャム)と呼ばれる詐欺行為なので、必ず自分からDMを送るようにしましょう。実際に詐欺に遭遇した方をご紹介させていただきます。再発防止のため抑止力となることを祈ります。

②突然送られてくるDMは基本的に無視

基本中の基本として、相手から送ってくるDMは危険です。なりすましの危険性はもちろん、その99%が怪しい勧誘だと思って大丈夫です。

自分にとって、おいしい話など「向こうからは来ない」と心臓に刻み込みましょう。

➂何があってもシードフレーズは教えない「おいしい話はない」

メタマスクからしつこいですが、シードフレーズは絶対に教えてはなりません。たまに、話を分けて考える方もいるので、あえてここでも警告しておきたいと思いました。

流出を防ぐ方法として、一番効果的なのは「相手が誰であっても断固として教えない」という心構えです。これが最も長期的に見て効果的だと私は考えています。

プロモーター(NFTを宣伝してくれる人)に注意すべき➂つのこと

SNSを通してプロモーターの方がコンタクトを取ってくるかもしれません。

プロモーターとは、フォロワーが多く、インフルエンサービジネスを生業としている人たちを指します。

つまり、「あなたのNFTを宣伝してあげる」と近づいてくるわけです。ここで「え、嬉しい!そんなに高くないから払っちゃおうかな…」なんて思ってはいけません。

海外のフォロワー数が多いプロモーターは、一見詐欺師と見分けがつきにくいのが問題です。あまりSNS慣れしていない初心者の方が、それを見抜くのは至難だと思います。

ここから紹介していくことも、全て「おいしい話など、向こうからは来ない」と言い聞かせて対処してほしいと思います。

➀プロモーターは基本詐欺「うぬぼれない」

海外のプロモーター(インフルエンサー)が「あなたのNFTを宣伝するから、1ツイート○万円でいかがですか?」みたいなDMを送ってくる詐欺です。

NFTを知ってもらいたいというクリエイターの弱みに漬け込んだ典型的な詐欺ですね。そもそもそんなおいしい話が、早々自分にやってくるなんて思わない方が精神衛生的にも良いでしょう。

「うぬぼれない」という気持ちがとっても大事です。お金を払うような内容は100%詐欺と思って大丈夫です。

分かりやすいツイートと参考記事を置いておきます

note(ノート)
海外NFTプロモーターに貢いでみた|Nagi Fuyumi|note 記事はこちらに移動しました。

②偽プロモーターによる「プロジェクト詐欺」に注意

先ほどは個人(一人)での攻撃がメインですが、こちらは複数人のチーム単位で詐欺を図ってきます。

手法としては、売上をアップさせるための施策であったり、あなたのNFTを代わりに売ってあげるなど、日々詐欺の手口は進化しているようです。被害としては、売上が上がるどころか、NFT自体を取られてしまったり、ロイヤリティ(報酬)まで上手いこと抜き取るようです。

プロジェクト詐欺も同様に、DMからのコンタクトが多いので、プロモーター関係は絶対に信用しないほうが身のためです。

➂間違ってもシードフレーズは教えないこと

はい。しつこいですね。

ここでもシードフレーズ(秘密鍵)は教えないということを厳守してください。あらゆる手段で詐欺師はシードフレーズを聞き出そうとしてきます。一見まともそうな案内や見た目には決して騙されないでください。

注意することだらけでそろそろ疲れたって人のために…

純粋にあなたのNFTを宣伝してくれる・購入してくれるプロモーターももちろん存在します。全てが詐欺師というわけではないことも一応知っておいてほしいと思います。

その場合、お金を取ろうとする素振りは見せないはずです。シンプルにツイートで宣伝してくれるパターンもあれば、積極的にNFTを購入してくれることもあるそうです。こちらのパターンを全力で待ちましょう(笑)

NFTにまつわる「詐欺の対処法」まとめ

やってほしいこと、覚えておいてほしいことは、たったの一つです。

「絶対にシードフレーズ(秘密鍵)は教えない」ということ。

少々冷たい言い方になってしまいますが、”簡単に人を信じない”ということはネット上で生きていくために必要なことかと思っています。

もし、「これはどうなんだろう…」という真剣な悩みがございましたら、ぜひTwitterの方でダイレクトメールお待ちしています。もちろん、変な印象があった場合は取り合いませんのでご了承を(笑)私はかなり警戒心が強いので詐欺かと思ってしまいます。

一緒にクリーンなNFTライフを楽しんでいきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる