2,500円分のビットコインをもらう方法クリック

【NFTをバーンする方法】勝手に送られてきたNFTアートを削除したいとき

【NFTをバーンする方法】勝手に送られてきたNFTアートを削除したいとき
いつの間にか溜まっています(笑)

このように、Hiddenを確認してみると、勝手にNFTアートが溜まっていきます。かなり迷惑。

いつの間にか溜まっていくんですよね。放っておいても基本問題はないのですが、実に気持ちが悪い。

中にはウィルスが紛れているという情報も耳にしました。

ということで、勝手に送り付けられたNFTは削除(バーン)してしまいましょう。

目次

身に覚えのないNFTは削除(バーン)すべし

送られてきたNFTは基本的に削除することはできません。

しかし、作成者の元から誰の手にも渡っていなければ、削除はすることは可能です。

ここでいう削除とは「いらないNFTをバーン専用アドレスに送る」という作業になります。つまりトランスファーして自分の元から消すということです。

実際に手順を解説します。

バーン専用アドレスとは

0x000000000000000000000000000000000000dead
https://opensea.io/BurnAddress?locale=ja

上記がバーン専用アドレスになります。

ごみ処理場とでもいいましょうか。とにかくここに送り付ければOKです。

トランスファーのやり方

OpenSeaの「Profile」に飛び、「Hidden」をクリック。

削除したいNFTの左下の「・・・」マークをクリック。

「Transfer」をクリック。

画面右下のTransferをクリック。

ここでバーン専用アドレスを入力(コピペ)し、Transferをクリック。

メタマスクが起動するので承認すればOK。

基本的に「送り付けられたNFT」はPolygonのものなので、ガス代などはかかりません。

Polygonかどうかを確認する場合は以下の画像を参考に。

※PolygonマークがついているNFTはガス代かかりません

無事にトランザクションが終了すると、バーン成功となります。

どんどんいらないNFTは燃やしていきましょう。

身に覚えのないNFTは「Unhide」しない

知らない、身に覚えのないNFTは基本的に触れないようにしましょう。なにがあるかわかりませんから。

絶対にUnhideせず、触る前にバーンしてしまうクセを。

自分の身は自分で守っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる