\リスクゼロで1,500円分のビットコインをもらう方法/

【CryptoSkatesの始め方】クリプトスケートで稼ぐ方法【ステーキングがおすすめ】

【CryptoSkatesの始め方】クリプトスケートで稼ぐ方法【ステーキングがおすすめ】

今回は、GameFiでジワジワ注目を集めているCryptoSkates(クリプトスケート)をご紹介していきます。

記事の内容はこちら⇩

  1. CryptoSkatesってどんなゲーム性?
  2. CryptoSkatesって本当に稼げるの?
  3. CryptoSkatesがおすすめな人ってどんな人?
  4. CryptoSkates始めるの今からでも間に合う?
  5. CryptoSkatesぶっちゃけどうなの?

またTwitterやSNSの口コミも集めてみたので、これから始める方にとっては参考になる内容になっていると思います。

それではどうぞ!

目次

ゲーム紹介に入る前に、ざっくりとした収支感を紹介

まずは CryptoSkatesの稼げる金額について紹介しておこうと思います。

私が新しいブロックチェーンゲームに参入する際、最も気になるのは「ざっくりとした収支感」なので、まずはそこについて触れていきます。

この記事を読む時には状況が一変している場合がございます。必ず参入前にご自身で調べ、自己責任でお願いいたします。

必要な資金面
  • 最低金額:約5,000円~
    スケーターのガチャ代、ガチャの引き直し可能※後述
  • ランニングコスト:約500円~(月単位)
    毎日のトレーニング代(一回あたり10円ていど)

スケーター1体から始めることができます。ガチャ結果に依存しますが、レアリティの高いスケーターを引くことができれば稼げる金額も大きくなっていきます。

1日で稼げる平均的な相場
  • 1スケーター所持の1日最低金額は、約150円~(最低レアリティの場合)
    ゲーム内通貨のCST価格次第ですが、約1か月で回収可能
  • ステーキングが可能:100~1,000CST
    APR125%~250%までの4種類あり、スクラッチ特典あり※後述

1スケーターの参入よりも、3~4スケーターから始める方が良いでしょう。基本的に1か月ていどで原資回収できるイメージで大丈夫です。

参入前に用意しておくと良いもの

最後のコインチェック口座開設は必ずではありません。ただし…

GameFiに興味があって、今後も積極的に参入する方はあとで結局必要になってきます。早いか遅いかの違いです。日本円に換金する以外にも、国内の取引所(コインチェック)で仮想通貨を購入することも可能です。何かと必要になるので早めの口座開設をおすすめします。

≫ GameFiに安心のコインチェック口座開設はこちらから

以上、ざっくりとした紹介です。

気になる方は、ぜひ読み進めてみてください。具体的に紹介しています。

CryptoSkates(クリプトスケート)ってどんなゲーム?

1日一回、スケートするだけのゲームです。

ポチったりタイピングしたりする必要があります。基本的に数分で終わります。

やることが少なく、ゲームと呼ぶには簡単すぎるくらいです(笑)

公式運営がBombCrypto(ボムクリプト)を参考にしていることでNFTゲーム界では、ジワジワと人気が上がってきています。

BombCrypto(ボムクリプト)について詳しくまとめてあります⇩

ガチャを引いてスケーターをGET

ガチャは3種類あります。

  • 500CSTで引けるガチャ
  • 1,000CSTで引けるガチャ
  • ※250CSTで引けるガチャ(最新)

引くべきガチャは「500CSTガチャ」です。

理由は、引き直しができて、排出割合もバランスがいいから。※引き直し方法については後述しています

というか「1,000CSTのガチャに旨味がない」といったほうがいいかも。

まずは排出割合からチェック⇩

スクロールできます
レジェンダリーエピックレアコモンベーシック引き直し
500CSTガチャ3%8%25%65%
1,000CSTガチャ5%20%50%25%
250CSTガチャ100%×

1,000CSTガチャは大きな特徴としてエピック以上が出やすくなっています。レジェンダリーも気持ち。

とはいえ、排出の75%がコモンとレアになっています。

つまり、ほとんどが結局は低レアリティなんです。

だったら引き直し前提で500CSTガチャを2回引き、それぞれ引き直した方が試行回数もチャンスも増えます。

250CSTガチャについては、高レアリティのチャンスがゼロなので、おすすめはしません。どうせなら500CSTガチャを引きましょう。

キャラクターのステータスと役割

  • Speed:値が高いほど獲得CSTが増加
  • Skill:値が高いほど獲得CSTが増加
  • Experience:同レアリティを合成することでステータスが上昇
  • Stamina:値が高いほど獲得CSTが増加

キャラクターがNFTになっているため、同じ個体は存在しません。

同レアリティでも数値が異なり、個体値に差が生じます。

現状あまり意識する必要はありませんので、シンプルにレアリティの高いスケーターが正義ですね。

原資回収はどのくらいかかる?

公式が公開しているホワイトペーパーを参考に算出しました⇩

  • コモン:一日平均14.28CST→約27日
  • レア:一日平均20.00CST→約19日
  • エピック:一日平均33.35CST→約12日
  • レジェンダリー:一日平均49.98CST→約8日

理論値なので、基本的には上記よりも悪く見積もった方が良さそうです。

SNSなどを見ても、実際のCST獲得量にはかなりムラがあるようなので。

宝くじのようなスクラッチ機能

実はレジェンダリー以上のレアリティ「ユニーク」が存在します。

このスクラッチは、最高レアリティの「ユニーク」をゲットできる可能性があります。

排出確率は公開されておらず、SNSやDiscord内の反応をチェックする限り、世界でも数名しか当たっていない模様。

まだ日本人はいないとか…(笑)

一回20CSTでチャレンジできるので運試しとしては楽しいかもしれませんね。

ゲームの流れについて

ゲームの流れを確認
  • Rechage(青いCSTを1使用)
  • 「Train」 or 「Quick Training」を選択
  • 24時間毎に、この作業を繰り返す

まずスタミナを回復するため、リチャージする必要あります。

次にプレイ方法を選択します。

Train:15スタミナを消費して指定されたタイピングを行います。
Quick Training:1ポチでスタミナを全て消費します。※青いCSTが1必要

青いCSTを節約したい方はスケーター毎にスタミナを消費してタイピングしていきましょう。

面倒な方はQuick Trainingがおすすめ。

この作業を24時間に一度繰り返すことで、毎日CSTを稼ぐことができます。

ゲーム内通貨について

使用されるCSTが2種類あります。

赤いCST、青いCSTの2種類

違いは以下の通り。

  • 赤いCST:ガチャに使用。
    入手方法:パンケーキスワップで購入。
  • 青いCST:Rechage、Quick Training、ガチャの引き直しに使用。
    入手方法:ゲーム内で赤いCSTから変換する。

ゲーム画面の右上(トークン箇所)をクリックして、「Deposit CST」を選択。

青いCSTにしたい数量を選択すればOK。

実際のプレイしてみる

まず青いCSTに変換してスケーターをRechageする

「Deposit CST」を選択し青いCSTを確保します。

必要数を入力
青いCSTを1払いRechage

これでTrainすることが可能になりました。

「タイピングする」か「ポチる」かを選択する

Trainを選ぶとタイピング画面へ移動します。

指定された文字列をタイピングします
滑っている画面が表示されます(笑)シュール
Train終了です

今回は12.44CST稼ぐことができました。

この作業をスタミナ分消費するまで実行していきます。

毎日やると割と面倒になってくるので、青いCSTを払って終わらせてしまうのも全然アリだと思います。

この方法なら一瞬で終わります。

結果は「Trainings」で確認することが可能です。

CryptoSkates(クリプトスケート)はどんな人におすすめ?

CryptoSkates(クリプトスケート)をおすすめしたい人⇩

  • ゲームが苦手
  • ガチャが好き
  • 少額で始めたい
  • それなりに稼ぎたい
  • 時間をかけたくない
  • 手軽にステーキングしてみたい

クリプトスケートは手軽に始められて、むずかしいシステムは一切ありません。

一日に使う時間も数分で済むため、NFTゲーム初心者にもとてもおすすめできます。

CryptoSkates(クリプトスケート)のメリット・デメリットまとめ

CryptoSkates(クリプトスケート)のメリット・デメリットについて解説していきます。

CryptoSkates(クリプトスケート)のメリット

  • ガチャが引き直せる
  • 新規参入者を増やす施策(運営のヤル気)
  • トークン価格が下がりにくい施策(ステーキング)

まず、ガチャの引き直しがデカい。これは他のNFTゲームにはない要素です。

無限に引き直すことは現実的には不可能ですが、狙いたいレアリティをGETするチャンスが広がるのは嬉しいポイントですよね。

また、クリプトスケートの運営はゲーム存続はもちろん、新規参入者を増やす施策を積極的に実施しています。

通常ガチャは500CSTからですが、250CSTという格安で引けるガチャを導入し、参入窓口を拡大。

ステーキングも始まり、トークン価格を保つ施策を講じてくれています。

CryptoSkates(クリプトスケート)のデメリット

  • やることが少ない
  • キャラクターがあまり可愛くない
  • エピック以上でないと稼ぎにくい

まず、やることが少ないのでゲーム自体に愛着が湧きづらい点があります。

でもまぁこれはGameFiと考えれば、最高のメリットにもなり得ます。時間をかけずに稼げるのが一番ですからね(笑)

キャラクターが可愛くないのもマイナスポイントかも...※好みに寄る

また、エピック以上でないと「稼ぐ」ということに関してはかなり厳しい所感です。

コモンとレアは似たような性能ですが、エピック以上から性能が跳ね上がります。ぜひともガチャではエピック以上を狙いたいところです。

ステーキングを活用して効率的にCSTを稼ぐ

個人的にはステーキングがおすすめかなと。

ステーキングすることにより報酬も指定期間ロックされますが、安定したトークン価値を保つことができますし、スクラッチ特典や報酬割合もなかなかに美味しいと思います。

ステーキングする種類に寄りますが、特典としてスクラッチがもらえます。※ステーキング以外にも20CSTで引くことは可能

こんな感じのスクラッチ
10CSTが当たりました(笑)

超絶運が良ければユニークと呼ばれる最高レアリティのスケーターをゲットできます。

どのくらい稼げるのかは不明ですが、いつしかゲットしてみたいものですね。

スクラッチはあくまで特典ですが、ステーキング自体CSTをただ保有しているより、かなり有効的な手段だと考えています。

ユーザーが長くプレイできる環境作りは当たり前のように見えて、バランスを保つのが非常にむずかしく、NFTゲームは短命になりがちです…

クリプトスケートはゲーム存続を考えた施策を運営が早めに取り入れています。こういった目線も大きなメリットといえるでしょう。

ステーキングの注意点

最低1体はスケーターをミントしないとステーキングができない仕様になっています。

クリプトスケートを始めるならまず、ガチャを引きましょう。

CryptoSkates(クリプトスケート)の評判まとめ

Twitterでについて発信されていた評判をまとめました。

Twitterはリアルにプレイしている生の声が見れるので、情報収集にもおすすめです。

https://twitter.com/k8k8kkk/status/1488201267403177984

CryptoSkates(クリプトスケート)始め方

CryptoSkates(クリプトスケート)の始め方について解説していきます。

公式サイトへアクセス

まず正しい公式サイトにアクセス

上記URLは公式サイト+リファ付きのアドレスになります。

10kun

少しだけ私に特典があるようなので、ぜひこちらからスタートしてもらえると記事作成の励みになります。

公式サイトにジャンプしたら、メタマスクを連携しましょう。

※メタマスクを連携させるため、万が一詐欺サイトにつなげてしまうと資産が盗まれてしまう可能性があります。

≫ メタマスクアカウントの作り方はこちら

メタマスクアカウントを作成した後は、バイナンスネットワークを追加していきます。

メタマスクの「ネットワークの追加」から、以下をそれぞれコピペします。

  • ネットワーク名:BSC Mainnet
  • 新規RPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号(オプション):Bnb
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com/

追加できたら、次はトークンの追加です。

ゲーム内トークン「CST」を購入する準備

まずメタマスクにCSTトークンが表示するように設定します。

CSTのコントラクトアドレス:0x368eB5efdca39126e8e76Aae5187166De7c2766c

CSTはバイナンス経由で簡単に購入可能です。バイナンスはブロックチェーンゲームでは必須の海外取引所となります。

≫バイナンスの口座開設方法はこちら

バイナンスの口座開設が完了したら、CSTに変換する適当な仮想通貨(BNBあたり)を購入しましょう。

実際に「CST」を購入する方法

バイナンス上で購入した仮想通貨をパンケーキスワップでCSTに変換しましょう。

以下のコントラクトアドレスをインポートします⇩

0x368eb5efdca39126e8e76aae5187166de7c2766c

好みの数量分CSTに変換します。

これでクリプトスケートを始める準備が整いました。

スケーターガチャを引く

「NEW SKATERS」から好きなガチャを引きます。

500CSTがおすすめです。

表示された文字列をタイピングします

ガチャ結果です。初ガチャでエピックを引くことができました!勝ち!

ガチャを引き直す方法

引いたガチャ結果に不満の場合は、スケーター画面の右上「リフレッシュマーク」をクリックしましょう。

引き直す場合には50CSTが必要です。段階的に必要CSTが増えていくので、やり過ぎには注意です。

NFTゲームにおいて、ガチャを引き直すことができるのは非常に稀で、かなり良心的なシステムだといえます。

初めてTrainする時は上記の画像が表示されます。リロールしたい時はCancelして再トライしましょう!

報酬を受け取る

受け取るには段階があります。

  1. CLAIMしてCSTを受け取る
  2. WithdrawしてCSTを出金する

CLAIMについて

報酬を受け取る時に手数料が50%から発生します。

初日はMAXの50%からスタート

毎日10%ずつ軽減されていき、5日目に手数料0%で受け取ることが可能です。

必ず待つようにしましょう。

受け取る時は、青いCSTで受け取ることが可能です。

Withdrawについて

画面右上から「Withdraw CST」を選択し、赤いCSTにすればメタマスクから他の仮想通貨へ変換することができます。

出金ルール
  • 24時間ごとに1回出金
  • 1回の出金に必要な最小トークン数:200CST
  • 1回の引き出しの最大トークン数: 1,000CST
※手数料の変更
  • 24時間毎に出金:45%の手数料
  • 48時間毎の出金:25%の手数料
  • 72時間毎の出金:5%の手数料←おすすめ

Reward(報酬)を国内取引所へ送り日本円に変換する

稼いだRewardは最終的には日本円に変換しましょう。

日本円にする手順
  1. CSTをBNBへスワップ(一度戻す)
  2. BNBをバイナンスへ送金(海外取引所へ)
  3. バイナンスでBNBをXRPなどにコンバート
  4. XRPをコインチェック(国内取引所)に送金
  5. コインチェックで日本円にして銀行へ送金

国内取引所はたくさんありますが、初心者にやさしいコインチェックがおすすめです。ここだけ口座開設しておけば、とりあえずOKというレベル。使いやすい、安全、安心が正義です。

≫ コインチェックの口座開設はこちら

CryptoSkates(クリプトスケート)関連のおすすめリンクまとめ

CryptoSkates(クリプトスケート)を始めるにあたって、情報収集に役立つリンクを集めています。

最低でも以下の3つはチェック必須です。

≫ CryptoSkates(クリプトスケート)のホワイトペーパー

≫ CryptoSkates(クリプトスケート)のTwitter

≫ CryptoSkates(クリプトスケート)のDiscord

CryptoSkates(クリプトスケート)以外のおすすめブロックチェーンゲーム

おすすめはBombCrypto(ボムクリプト)というブロックチェーンゲーム。基本放置で稼いでくれます。

始め方~稼ぎ方までまとめた記事がありますので、放置ゲーに興味がある方はぜひ。

≫ BombCryptoの始め方はこちら

【おすすめ】コスパ最強のNFT学習法

"ながら"でNFTの知識を補いませんか?

読書が苦手な人でも大丈夫です。耳で学習できます。

10kun

今なら"2か月無料"で利用できます。

お試しにしても破格の内容です。いつでも解約OKのデメリットなし。

【本は読んでも稼げるようにはなりません】Amazon Audible(アマゾンオーディブル)の本当のメリット教えちゃう
2か月無料期間つき いつでも解約OK!解約金なし/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次